円貨決済 or 外貨決済どっちにすべきか

こんばんは、こばいんです。

過去の記事でも触れていますが、株式を購入するにあたり手数料がかかります(記事は米国株をメインにしています)。

そして、外国株式の決済には現地通貨が必要となるわけですが、上記の購入手数料に加えて現地通貨を入手するためには為替手数料がかかってきます。

多くの証券会社では「円貨決済」と「外貨決済」のオプションがありますが、手間とコストの点でトレードオフの関係となっています。

そこで、本日は円貨決済と外貨決済の特徴について触れていきますが、先に簡単に結論を示すと以下の表としてまとめることができます。

円貨決済 外貨決済
手間 ○(手間がいらない) ×(手間がかかる)
コスト ×(1ドル25銭) ○(1ドル4銭 or 2銭)

円貨決済と外貨決済について

さっそく、円貨決済と外貨決済について特徴を見ていきます。なお、私が主に使っているSBI証券の内容をベースにしています。

円貨決済の特徴

「今すぐ取引をしたい」という際に効果を発揮するのが日本円による「円貨決済」です。

メリット・デメリットをそれぞれ書き下すと次のように整理されるでしょう。

(+)スピーディー(手間いらず)

(-)為替スプレッドが比較的高くなる

(-)為替リスクが高くなる可能性がある

前段でも触れていますが、外国株式の決済には、現地通貨が必要となります。

しかしながら、「円貨決済」を選択した場合、その時点で現地通貨がなくとも日本円の買付余力の範囲において注文することができます。つまり、手間をかけずにスピーディーに買付ができる点が一つの利点と言えます。

何事にも表と裏があるように、この手軽さの裏には手数料(為替スプレッド)が外貨決済に比べて高くついてしまう点がデメリットとなり得ます。1ドルあたり25銭かかります。

(出典:SBI証券)

さらに言えば、外国株の取引方法によっては為替リスクが発生する可能性があります。

投資で言うところのドルコスト平均法と同様に、機械的に積み立てていくことで時間を分散すれば円高のときには多く、円安のときには少なく購入することができます。これにより購入レートを平準化させ、為替のリスクヘッジが可能となります。

円貨決済ではワンタイムでの購入となるので、毎月購入するということはできても外貨積立などに比べると為替リスクは高くついてしまうかもしれません。

外貨決済の特徴

「中長期的に運用したい」という観点では現地通貨による「外貨決済」が効いてきます。

特徴としては以下のとおりで、円貨決済のほぼ逆となります。

(ー)手間がかかる

(+)為替スプレッドを抑えられる

(+)為替リスクをヘッジできる

外貨決済は現地通貨をあらかじめ準備しておく必要がある点で、手間がかかります。「今すぐ買いたい」となったときに円貨決済であれば買付余力さえあれば購入できますが、外貨決済の場合は買付余力があっても現地通貨がなければ注文できません。

しかしながら、円貨決済と比較して為替スプレッドを低くできるのは大きな利点だと言えるでしょう。

為替手数料は米国株取引をする上で見えないコストとなりますので、できるだけ節約をしたいものです。SBI証券の場合はグループ会社の住信SBIネット銀行を活用することで為替手数料を抑えることができます。為替スプレッドについては、通常購入と積立購入でそれぞれ以下のとおり設定されています。

  • 通常購入:1ドルあたり4銭
  • 積立購入:1ドルあたり2銭

円貨決済での為替スプレッドが1ドル25銭で逢った点を考慮すると、事前準備の手間はかかりますが、手数料(スプレッド)が安く設定されていることがわかります。

さらに、外貨自動積立てを利用すれば為替リスクのヘッジも比較的容易にできます。

長期的、配当再投資を考慮すれば外貨決済が良さそう

円貨決済は手間が購入する側の手間がかからず楽できる点は魅力的ですが、その反面為替スプレッドが比較的高くかかってしまいます。

逆に、外貨決済はコストを抑えられる一方、事前に現地通貨を用意しておくなどの準備が必要となる点が多少手間かもしれません。しかしながら、外貨積立を仕掛けておけばある程度機械的に外貨を準備できると思うので、そこまで手間でないかもしれません。

というわけで、個人的には外貨決済の方がお得な感じがします。

なにより、配当再投資とも相性が良さそうです。というのも、現在の自身の運用規模ですと、得られる配当金も年間1000ドルレベルであり、再投資されずに塩漬けされている状態となっています。

そこに、外貨積立で作り上げた米ドルと合わせて再投資させてあげられるのは一つの魅力だと感じています。

最後に

円貨決済と外貨決済の特徴についてまとめました。

これまであまり考えずに円貨決済で行うことが多かったので、今回の記事を起こすことで色々と気づかされる点がありました。

外貨決済の方がお得と述べていますが、実際には先月末の購入も円貨決済で行っています。

円貨決済と外貨決済は手間とコストの観点で一長一短あるわけですが、コスト削減を主目的にするのであれば外貨決済のほうが良いかなというのが個人的な印象です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする