The Investors Podcast

こんばんは、こばいんです。

銘柄分析の記事は継続してやっていきたいと思いますが、今回は閑話休題としてThe Investors Podcast というポッドキャストをご紹介したいと思います。

既にご存知の方もいるかもしれませんが、バリュー投資に興味のある人は押さえておきたいPodcastかと思います。

The Investors Podcast

Preston Pysh氏とStig Brodersen氏のお二人がホスト役としてプログラムを進行します。

シーゲル博士の謳っている配当再投資というよりも、ウォーレン・バフェット氏を筆頭とする多くのバリュー投資家の手法や考え方を彼らの著書から学んだり、さらには本人やその知り合いなどへのインタビューからバリュー投資で大切な観点などの話が展開されます。

まだ全エピソードを聞いたわけではないのですが(全体の10%くらい)、投資に関して多くのことを学ぶことができると思います。

以下に良い点と気になる点について私見を書き連ねます。

良い点①:投資に関するアドバイスを得られる

テクニック的な部分も確かにあるのですが、バリュー投資を扱っているので、より普遍的なところが語られることが多いでしょうか。「事業として取り扱う」「感情を制御する」「常に学び続ける」といった点について実例を交えながら話が展開されます。よくPatience(忍耐、我慢)なんて言葉が聞こえてきますね。シーゲル流を標榜しつつも、ついついマーケットの数字に目が行ってしまう自分にとっては戒めのようになっています。

良い点②:投資家を知ることができる

まあ、私の知識不足もあるのでしょうが、このPodcastを通じてこれまで知らなかった、Mohnish Pabrai氏やGuy Spier氏をはじめとする興味深いバリュー投資家の存在を知ることができています。さらに、彼らの投資に関する経験談やスタンスを色々な語り口で聞くうちにその考え方をもっと知りたい気持ちにさせられます。現在、Mohnish Pabrai氏の”The Dhandho Investor”とGuy Spier氏の”The Education of a Value Investor”を購入しようか検討中です(近くの図書館にないのが難点…)。

良い点③:オープニングがカッコいい

本筋から逸れますがオープニングを聴くとテンションが上がります。笑

出だしの音楽もそうですが、一緒に流れるナレーションがノリノリで「よし聞くぞ!」という気にさせてくれます。

気になる点①:収録時間が長め

このThe Investors Podcast、1エピソードの時間がおおよそ40~50分くらいと比較的長めです。以前ご紹介したMoney Girl’s Quick and Dirty Tips for a Richer Life が1エピソードあたり15分前後であった点を考慮すると結構長く感じます。

母国語でない英語で語られるため一度気を緩めるとあっという間に追いていかれるわけですが、40~50分集中してオーディオを聴き続けるのは(自分にとって)易しくはありません。

気になる点②:記事のボリュームがまちまち

上とも関連して、聞き逃したり理解があいまいな部分を記事でフォローできればと思うのですが、ウェブサイトで公開されている各エピソードの記事の内容がまちまちなのかなという印象です。特にインタビュワーの方はおそらくSkpyeを通じて会話しているためか音質がクリアでないため、ウェブサイトの方で補完できればと思うところもあるのですが…。まあ、ノートを残してもらえるだけでもありがたいですね。

おわりに

バリュー投資を中心として毎週話が展開されるPodcast:The Investors Podcast、まだ全体の1割程度しか聞いていない段階ではありますが、今後も聞き続けて自らの血肉にしていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする