わたしの投資遍歴

こんばんは、こばいんです。

一記事にするほどの厚みもないのですが、せっかくなので株式投資の目覚めから現在までの足跡を記しておこうと思います。

2010-2014年

社会人として一歩を踏み出し、給与生活を開始しました。

投資に関しては、「超簡単 お金の運用術」あたりを読んだりして興味を持つものの、ネット証券の資料請求をするまでにとどまり、アクションを起こさずじまいでした(あー情けない)。

加えて、2014年からの海外留学に向けた準備等で時間・お金ともに減少するなか、投資へのアンテナがとても低くなっていました。

2014ー2016年

2年間の海外赴任(米国)という形で留学をしていました。初の海外生活であったということもあり、非常に刺激的な日々を過ごしました。

また、資産運用としての株式投資が日本より近い米国での雰囲気に多少なりとも影響を受けます。ただし、日々の忙しさに追われ、また健康を崩したりで結局ここでも行動できてじまいでした。

2016年

赴任期間を終えて日本へ帰国。

ある日、「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」を読み、今度こそ「一歩を踏み出さねば!」と決意し、ネット証券口座を開設しました。過去を含め、山崎先生には大変お世話になっていますね。

そして、最初の資料請求から足掛け4年くらい。どんだけ時間かかってんだ、という話です。笑

このころは上記の本で推奨されているポートフォリオを再現しようと、インデックスファンドや国債の購入などをメインに動いていました。市況も順調だったので、特にストレスを感じることなくリターンが上がっていました。

2017年

遅ればせながら、シーゲル教授の「株式投資の未来」(通称:シーゲル本)を年始に読み、インデックス以上の運用パフォーマンスを目指すことが可能なのかと、まさにAwakingな瞬間でした。

シーゲル本を読みつつ、インターネット上にある米国株ブログを読みながら情報収集を開始して、夏あたりに前年から組んでいたポートフォリオに別れを告げ、シーゲル流の実践を少しずつ開始しました。個別株投資に興味を覚え、数多くの興味深いブログを読み漁る日々を過ごしてきました。

2018年

シーゲル流投資を継続していく一方で、さらなるインカムを得るべくワンルームマンション投資も開始してみました。正直ベストな打ち手とは言えないかもしれませんが、これまでの足踏み後悔の反動もあり、友人にいろいろ教えてもらいつつオーナーデビューしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする