〈行動経済学〉楽観主義と自信過剰~行き過ぎは禁物

こんばんは、こばいんです。

先日に引き続き、”Nudge”から行動経済学のエッセンスを学習していきます。

今回は、”Optimistic and Overconfidence”ということで、日本語で言えば「楽観主義と自信過剰」をテーマにします。

人は楽観主義が行き過ぎると、自信過剰に陥ってしまいます。

行動経済学の枠を超えて一般的に通ずる中身かと思います。

前向き+自信は大切だけど、行き過ぎは禁物

楽観的に捉えること、そして自信を持つことは人生のあらゆる面において大切なことだと思います。そのような心持ちがあることで、我々は苦しいことや辛いことを乗り越えることができるわけで、幸せになるためには不可欠な要素と言っても過言ではありません。

しかしながら、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」という言葉にもあるように、モノには限度というものがあります。

特にそれが”unrealistic”(非現実的)と言われるまでになってしまうと危険かもしれません。

ここでは、いくつの例を通じて、人間がいかに非現実的なほどの楽観主義から自信過剰に陥りやすいかを見ていきたいと思います。

行き過ぎ楽観主義→自信過剰がわかる3つの例

成績評価について

”Nudge”の著者の一人であるリチャード・セイラー教授は、自身が教えるビジネススクールの学生たちに対して学期の初めにアンケートを取るのですが、その中の一つに次のようなものがあります。

  • 「自身の成績はこの授業を取っている生徒の中で上位何パーセントになると予想するか」

学生はそれを上位10%に入る、20%に入る、…という形で10%単位で回答します。

当たり前の話といえばそうなのですが、この授業を取る生徒のうち半分は上位50%に位置し、残り半分は下位50%に位置します。もちろん授業を取っているMBAの学生もそのことは十分に分かっているはずです。

しかしながら、アンケートの結果はそれとはまったく異なるもので、たった5%の学生が自身の成績は下位50%に入ると予想した一方で、半分以上の学生は自身の成績は上位10~20%のなかに収まるだろうと予想したわけです。

「うまくやれるだろう」「少なくとも自分は平均よりは上だ」といった思いがビジネススクールの学生の頭の中にあり、非常に偏った結果が生じたわけです。

また、逆にアンケートを取っている教授陣についても、大半の教授が自身が教育者として平均以上であると自己評価しているという調査結果もあり、その点は皮肉であるとともに、同じ人間なんだと感じさせます。

結婚生活について

先の例はMBAの学生に関する話であり、「彼らはエリートであり、これまでも数々の競争を勝ち抜いてきたから自信過剰気味なのだろうから、上記のアンケート結果は起こり得るのではないか」と反論できるかもしれません。

しかしながら、もちろんこれはMBAの学生に限った話ではなく、人間全般に通ずることです。結婚を例にとりましょう。

アメリカでは、離婚率が50%(2組に1組は離婚している計算)ほどと言われており、これは多くの人が耳にしたことはある数字のようです。

そうは言っても、結婚式の場では新郎新婦は自分たちが離婚するなんて思わないでしょう。

これも非現実的なまでの楽観主義によって導かれる自信過剰のなせる業でしょうか。

起業について

続いては起業家についてです。

企業の失敗可能性が少なくとも50%を超えると言われるなか、起業家に対して次の2つの質問をしたとします。

  1. あなたが取り組んでいるビジネスと同様の事業が成功する確率は?
  2. あなたが取り組んでいるビジネスの成功確率は?

aは50~90%あたりに落ち着く一方で、bは100%と回答する人が圧倒的に多いとのことです。まあ、この結果はある程度察しはついていたかもしれません。

自信過剰とも言えるレベルで取り組むくらいの気概が良いのでは、と個人的には思いますが。

「自分だけは違う」は違う…投資でも見られる「自信過剰」

いくつか例を挙げましたが、これは氷山の一角です。多くの場面で行き過ぎの楽観主義からの自信過剰に陥っているかと思います。

投資なんかその最たる例でしょう。

特に経験の浅い投資家に見られる傾向と言われますが、自分の力量を過信して無理をしたり、「自分だけは大丈夫」という根拠に乏しい自信をもとに行動します。リチャード・セイラー教授はこの傾向を「自信過剰バイアス」と呼んでいます。

自信過剰バイアスの罠に陥ってしまった投資家は、前年同月比減収などの悪いニュースに過剰反応するのに対して、良いニュースには鈍感になることも明らかになっています。

ここまで偉そうに説いている私ですが、油断するといとも簡単に自信過剰バイアスに囚われるでしょうから、日々謙虚でいるようにしたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする