〈行動経済学〉人は損失を避けたがる~プロスペクト理論

こんばんは、こばいんです。

先日に引き続き、”Nudge”から行動経済学のエッセンスを学習していきます。

今回は、”Gains and Losses”ということで、日本語で言えば「利得と損失」がテーマですが、人は損失を避けたがる傾向にあるということを、プロスペクト理論に触れながら語りたいと思います。

プロスペクト理論(Prospect Theory)

人は損失が大嫌い

いきなりですが、繰り返します。

人は損失が大嫌いです。

1万円をもらったときの喜びに比べて、1万円を失ったときの心の痛みは大きいです。なんとなく共感できないでしょうか。

これを理論的に構築したものが「プロスペクト理論」であり、行動経済学における代表的な成果としてよく知られています。

プロスペクト理論とは

プロスペクト理論とは、人は利益を得る場面では「確実に手に入れること」を優先し、反対に、損失を被る場面では「最大限に回避すること」を優先する傾向があるという行動心理を表した理論です。

この理論は、1979年に心理学者であり行動経済学者のダニエル・カーネマン氏(Daniel Kahneman)と、心理学者のエイモス・トヴェルスキー氏(Amos Tversky)によって提唱されました。そして、ダニエル・カーネマン氏はこのプロスペクト理論で、2002年にノーベル経済学賞を受賞しています(エイモス・トヴェルスキー氏は1996年に他界されたため、受賞していません)。

コインの問題で考える

プロスペクト理論について、有名な「コインの問題」で見ていきましょう。

質問1

あなたの目の前に次の二つの選択肢が提示されたとき、あなたならどちらを選ぶでしょうか。

  1. 100万円が無条件で手に入る
  2. コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない

質問2

あなたは200万円の負債を抱えているものとします。そのとき、以下の二つの選択肢が提示されたとき、あなたならどちらを選ぶでしょうか。

  1. コインを投げ、表が出たら支払い全額免除となるが、裏が出たら負債総額はそのまま
  2. 無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる

あなたの選択肢は?

質問1・2ともaを選んだ人が多かったのではないでしょうか。

まず、合理的に考えてみましょう。質問1ではaとbの期待値はともに100万円となり、質問2ではaとbともにマイナス100万円となります。

これを踏まえると、それぞれの質問において選択肢aとbの期待値は同じになるので、回答に偏りは見られないはずなのですが、実験ではどちらもaを選好する人が多くなりました。

なぜ、このようなことになるのでしょうか?

それは、以下のような心理が働いているからだと言えます。

  • 儲かるときは、より確実に利益が得られるほうを選ぶ(質問1)
  • 損をするときは、多少リスクを取ってでも損失を取り返せるほうを選ぶ(質問2)

ある地点から儲けるか損をするかどうかで行動を変えるわけで、その方が期待値よりも影響が大きいわけです。

質問3

また、別のコインに関する質問をしてみましょう。

単純にコイントスするゲームをします。表が出たらお金を得られる一方、裏が出ると1万円を支払うこととなります。この場合、あなたにとっては、いくらもらえるとしたら割に合うゲームと考えるでしょう?

アンケートを取った結果、多くの人の回答は2万円近くになったそうです。

合理的に考えれば、表が出て1万円もらえる場合、その期待値は0円でトントンなわけです(もちろん、コインの表裏が出る確率に偏りがない前提ですが)。

ということは、表が出たときに1万1円もらえるとしたら、やった方が得なはずです。多少最初の方の試行で表裏に偏りがあったとしても、大数の法則に従えば表裏の確率は50%と50%に分布するので、儲かる額の方が大きいぶん最終的には儲かるようになるはずです。

ここからも、人は損失を嫌がっているということがわかります。

モデル化してみる

コインの問題を通じて、プロスペクト理論の特徴である、人は利益を得る場面では「確実に手に入れること」を優先し、反対に、損失を被る場面では「最大限に回避すること」を優先する傾向がある、ということを見てきました。

プロスペクト理論についてはこれらの特徴を捉えてモデル化もされており、それは以下に示すグラフで表現することができます。

このグラフの横軸は「利得と損失」を表し、お金をイメージすればわかりやすいと思います。原点から右に行けばお金を得られ(利得)、反対に左へ行けばお金を失う(損失)ことになります。また、縦軸にある「価値とは心理的価値を示しており、心理的に嬉しいと感じたり辛いと感じる度合いを示しています。

グラフを見てわかるように、利得100と損失100ではその絶対値は同じものの、それぞれに対して人間が感じる価値が異なってきます。100万円得るうれしさよりも、100万円失う悲しみの方が大きく、その尺度は質問3で見たように2倍ほどというわけです。

また、利得が増える(右へ移行)、もしくは損失が増える(左へ移行)に従い、その価値の増加(減少)率は小さくなっていきます。つまり、同じ100万円の幅でも、0円→100万円となったときのうれしさは、100万円→200万円のそれに勝ります。逆もまたしかりで、0→ー100万円という損失に伴う悲しみは、-100→ー200万円の損失がもたらすそれよりも大きいわけです。

そして、グラフの原点(黒丸)にあたる点は参照点と呼ばれるポイントであり、人間が損得を考える基準点となっています。参照点はアンカリング効果に大きく関与しています。

最後に - プロスペクト理論と投資について

人間の損失回避性向について、プロスペクト理論の観点から例を用いて学習しました。

繰り返しになりますが、人は損得に関して以下のような傾向を持っています。

  • 利益が得られそうだと確実にそれを得ようとする(安定志向)
  • 損失が出そうだと危機追求的にそれから逃れようとする(リスクテイク志向)

投資の場面においてもこの心理作用が働いているわけです。私は長期投資をメインとしているのでそれほど頻繁に売買するわけではありませんが、儲かっている銘柄を利益確定したらいいんじゃないか、もしくは含み損となっている銘柄をリスクテイク的に買い増したらどうか、といった気持ちが芽生えることがあるのは事実です。

我々の心理に根付いていることもあり、この性質を払しょくするのは大変かもしれませんが、対処する方法はあると思います。

例えば、定期的な株式購入や、ガチガチな定量スクリーニング、などいわゆる機械的に投資をすることで、人間の心理が入り込む隙を取り除くことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする