2018年9月時点のポートフォリオ

こんばんは、こばいんです。

最近、自身の投資状況を振り返っていなかったので、備忘としてこのあたりでオーソドックスに自身のポートフォリオを見てみます。

おさらい:2018年6月末時点のポートフォリオ

2018年6月末時点のポートフォリオは以下のとおりでした。

(つみたてNISAやiDeco枠でも投資していますが、面倒なので省略しています)

主にインカムゲインを狙った高配当銘柄ないしは連続増配銘柄を主に選好しています。

特に不況局面に強いとされる生活必需品を多めに取り揃えた保守的な構成としていることが伺えます。

なお、タバコ銘柄を高値づかみしているため、かなり残念な投資利回りとなっています。

Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!でおなじみのHiroさんが同様の中身を記事にしていましたが、私のパフォーマンスはもう少し悪かったです。

涙目…

2018年9月時点のポートフォリオ

そして、本記事執筆時点のポートフォリオを以下に示します。

(上と同様につみたてNISAやiDeco枠でも投資していますが、面倒なので省略しています)

AT&T(T)とアルトリアグループ(MO)を追加購入していたので保有割合が微増していますが、それよりも大きな変化があります。

それは何かと言いますと、フィアット・クライスラー(FCAU)エルドラド・ゴールド(EGO)の新規参入です(上記円グラフの左上側に相当)。

これら銘柄はこれまで私のポートフォリオを構成していた銘柄群とは明らかに異なります。景気循環に影響を受けやすく、かつ配当もほとんど期待できません。

しかしながら、バリュー投資に興味を持ったこともあり、ひとつ勉強の一環として投入することにしました。

なお、いずれも自ら発見したわけではなく、パクリ投資です。

パクリその①:FCAU

フィアット・クライスラーは「次代のバフェット」とも呼ばれるバリュー投資家のモニッシュ・パブライ及びガイ・スピアーからです。

こちらについては過去にも記事にしています。

購入直後に前CEOセルジオ・マルキオンネ逝去のニュースがあったり、ガイダンス下方修正などあったりドキドキする面も多くありますが、しばらくお付き合いしたいと思います。

パクリその②:EGO

エルドラド・ゴールドについては「バリュー株投資 安全域を保つ」というブログを運営していらっしゃる小塚崇史さんのアイディアです。

なお、エルドラド・ゴールド以外にもこちらのブログを通じてこれまで聞いたこともない企業を知ることができ、また一つ一つの記事が読みごたえあるので暇さえあれば読んでいます。

ちなみに、昨今は株価1ドル割れが続いており、株式分割の逆である株式合併の話があったり、こちらもこちらでヒヤヒヤさせられそうです。

ところで、小塚さんのフィアット・クライスラーに関する分析記事も大変参考になりました。

最後に

配当再投資一辺倒だった私のポートフォリオですが、バリュー投資銘柄が加わりました。

今はバリュー投資に適さないタイミングなのかもしれませんが、バリュー投資の面白さかつ私の天の邪鬼な性格も相まって一つ足を踏み入れた次第です。

まあブレブレの投資方針ではありますが、いろいろとトライ&エラーしてゆくなかで、最終的に自分が自信の持てる投資手法を確立することができればなと思っています。

なお、FCAUならびにEGOの購入にあたりネット証券口座を新たに開設する必要があり、幸か不幸かSBI・楽天・マネックスと三大ネット証券のユーザーになったので、その比較記事なんかも書いてみようかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする